巨人・原監督采配ズバリ 「精度全くない」スライダー見て守護神デラロサ降板決断

[ 2019年10月10日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第1戦   巨人5―2阪神 ( 2019年10月9日    東京D )

ガッツポーズの原監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 巨人・原監督の千里眼はこうだった。「ボールそのものは走っている。スライダーの精度が全くない」。4点リードの9回2死満塁。守護神・デラロサが、北條に押し出し四球するとベンチを出た。次の左打者・木浪に左腕・田口を送り3球で三ゴロ。采配の妙で先勝し「簡単にはいきませんね。(デラロサは)いい薬になるでしょう」と言った。

 試合直前のロッカールーム。「一山目。一丸となって暴れるのみ」と呼びかけた指揮官の号令で、ナインが手をつないで輪になった。野手も投手も垣根なく一体になる。坂本勇の「さあ行こう!」という気勢を合図に決戦に向かった。シーズン最終盤の9月、今季2度目の6連敗した際も行い、5年ぶりリーグ制覇への壁を破った。

 「儀式みたいなもの。キャプテンが締めるというところ」と説明した原監督は、3回以降得点が入らなかった試合展開に「5回ぐらいでもう一回手をつなげば良かったかな」とユーモアを交えて振り返った。 (神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース