巨人・山口、投手3冠の裏側に…子供用ビニールプールで体調管理徹底

[ 2019年10月10日 05:45 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第1戦   巨人5―2阪神 ( 2019年10月9日    東京D )

スタンドのファンと一緒にマルポーズをする山口(左)と丸(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】ほほ笑えましい姿を想像して心が和んだ。山口の「夏場は家で交代浴をする。アイスバスにつかります」という夏バテ予防対策を聞いたときだ。疑問が湧いた。家に2つ浴槽があるのか?答えは違った。「ビニールプール型の浴槽を膨らませているんです」。1メートル87、98キロの巨体は2児のパパ。子供がよく遊ぶようなプールにつかっている姿は予期していなかったため、心が温かくなった。

 今季巨人の先発投手陣で、規定投球回に到達したのは15勝を挙げた右腕のみだった。徹底した体調管理。40度の風呂につかった後、冷蔵庫でつくった氷をぶち込み20度弱にした冷水に15~20分間入る。就寝時の冷房もタイマーをかけるという心掛けもスタミナ維持につながっている。(巨人担当・神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース