巨人、丸&岡本がアベック弾 CSセ史上5度目 日本人2人は初

[ 2019年10月10日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第1戦   巨人5―2阪神 ( 2019年10月9日    東京D )

初回2死、丸は中越えに先制のソロ本塁打を放つ(奥は岡本)(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 初回に巨人の丸、岡本が2者連続の本塁打。セCSでの2者連続本塁打は15年に阪神がゴメス→マートンで記録して以来5度目。巨人では14年のセペダ→坂本以来5年ぶり3度目、初回の連弾は初めてとなった。

 セでの過去4度は全て外国人選手が含まれており、日本人選手2人は初めてだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース