阪神“落合監督”誕生も!? 落合氏、オファー来たら「受ける可能性はある」

[ 2019年10月10日 05:55 ]

落合博満氏
Photo By スポニチ

 元中日監督の落合博満氏(65)が9日放送のMBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56)に「野球総理大臣」としてゲスト出演。今季の阪神のレギュラーシーズンの戦いぶりを振り返るとともに、“未来の阪神監督就任”への可能性を口にした。

 大の阪神ファンであるタレントの千秋(47)が「聞きたいことがあったんですけど…」と落合氏に切り出し、「(金本前監督が退任し)矢野監督が決まる前に“落合監督がなるんじゃないか”って阪神ファンの間でうわさがあったんです。それって本当ですか?」と質問。これに対し落合氏は「ありません」と断言した。

 だが、千秋が「阪神タイガースから打診があった場合はどういう答えを出してくれるんですか」とさらに踏み込んだ質問をすると、「野球で優勝させてくれたらそれでいいと言うのであれば、受ける可能性はあるかも」と未来の監督就任の可能性を口に。スタジオがどよめくと千秋は「えー!凄い!凄い!!聞きました?阪神球団」と大興奮。

 落合氏は「他のことを望まれたらダメ。野球だけやってくださいということで。あっちもこっちもということだと、そこまで気は回らないと思う」としたが、打診があれば承諾する可能性は否定しなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース