巨人、初戦快勝で2勝0敗に ファイナル突破率は95・5%

[ 2019年10月10日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第1戦   巨人5―2阪神 ( 2019年10月9日    東京D )

お立ち台で笑顔を見せる(左から)山口、岡本、丸(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 レギュラーシーズン1位の巨人がアドバンテージの1勝を加え、2勝0敗とした。日本シリーズ出場を懸けたプレーオフ、CSで2勝0敗は過去22チーム。そのうち、17年広島を除いた21チームが勝ち抜いており突破率は95・5%になる。

 なお、巨人のファイナルS出場は今回が10度目になるが、第1戦に勝つのは(○数字は回戦、□■はアドバンテージによる勝敗)

年 対  (1)(2)(3)(4) 結果
13 広  □  ○  ○  ○   突破
15 ヤ  ■  ○ ● ● ●  敗退

に次ぎ3度目だ。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース