阪神・近本、好守も…CS初“キナチカ”ルーキー1、2番で9タコ

[ 2019年10月10日 05:30 ]

セ・CSファイナルS第1戦   阪神2―5巨人 ( 2019年10月9日    東京D )

7回1死、亀井の打球を好捕する近本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 まさに「守りの名手」だ。敗戦にあって阪神・近本の好守がキラリと光ったのは7回だ。1死から亀井が放った飛球は頭上を襲った。快足を飛ばして背走。株式会社セノンが東京ドームの左中間フェンスに広告掲出する「守りの名手」と書かれた部分に激突しながら、ボールは離さなかった。

 「攻撃でいい流れをつくれなかった分、守備からいい流れを作りたいと思いました」

 1番・遊撃の木浪に続き、2番・中堅で先発。CSでの新人1、2番は両リーグを通じて初めてだったが、先発・山口の前に三つの内野ゴロ、中川には遊飛に封じられた。「ストレートを打ちにいけなかった。かわされました。(捕手の小林)誠司さんに僕の考えが読まれていた」。相手投手の決め球はいずれも変化球だった。

 木浪も全5打席で凡退。1点を返し、3点差に追い上げた9回2死満塁の絶好機でも三ゴロに倒れた。「いいピッチャーは甘い球がこない。1球を大事にやっていきたい」。手痛い敗戦を糧に変える機会はまだ残されている。(吉仲 博幸)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース