巨人、ゲレーロ2ランで追加点「状態イイネー!」 4回終え3―0 CSファイナルステージ第2戦

[ 2019年10月10日 19:17 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第2戦   巨人―阪神 ( 2019年10月10日    東京ドーム )

<CSファイナルS巨・神2>4回無死二塁、ゲレーロは2ランを放ちナインの出迎えを受ける(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦が10日、東京ドームで行われ、5年ぶりにリーグ優勝を果たした巨人と3位から勝ち上がった阪神が対戦。巨人は第1戦に続き初回に先制。4回に追加点を挙げリードを広げた。

 初回、1番亀井が阪神先発・高橋遥から右翼線二塁打を放ち出塁。2番坂本勇が右前打で一、三塁と好機を広げる。3番・丸は遊併殺となったが、その間に三塁走者の亀井が生還して先制した。

 4回には4番岡本が2番手ガルシアから二塁打、続く5番ゲレーロが6球目を左翼席へ運ぶ2ラン。「打ったのはスライダー。大事な試合なので、絶対にランナーを返したいと思い打席に入りました。最高の結果になって良かったよ。状態イイネー!」とコメントした。

 CSファイナルステージは6試合制で行われ、アドバンテージを含めて先に4勝したチームが19日開幕の日本シリーズ(7試合制)へ進出する。

 12日に予定していた第4戦は、大型の台風19号が12日から関東地方に接近する恐れがあるため中止が決定。第4戦は翌13日に順延となり、以降の試合も順次繰り下げて開催する予定。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース