西武・山川、原点回帰で2安打1打点「誰よりも飛ばそうと」

[ 2019年10月10日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルステージ第1戦   西武4―8ソフトバンク ( 2019年10月9日    メットライフD )

6回無死一塁 適時二塁打を放つ山川 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 西武・山川が2安打1打点と気を吐いた。6回無死一塁で4点目を叩き出す左中間二塁打。8回も左翼線二塁打でチャンスメークした。

 試合前は「開幕戦の時以来かな、というぐらい、久々に緊張した」という。フリー打撃から「原点に戻って、誰よりも飛ばそうとしっかり振っている。その方が体の張りもちょうど良くなる」。その成果が打撃に表れ、辻監督も「山川は非常にいい内容で振っていた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース