阪神・糸井 左足首手術が終了、9日退院

[ 2019年10月10日 17:27 ]

阪神・糸井
Photo By スポニチ

 阪神は10日、糸井嘉男外野手(38)が東京都内の病院で「左足首の関節鏡視下クリーニング術及び靱帯(じんたい)補強術」を行い、9日に退院したことを発表した。

 糸井は8月9日の広島戦で盗塁を試みた際に左足首を負傷し、翌10日に出場選手登録を抹消。鳴尾浜で復帰に向けて調整を続けてきたが、患部の状態が上向かないため、手術に踏み切った。今後は来季に照準を合わせてリハビリを開始する予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース