広島 会沢、FA権行使せず残留表明「来季もチームのために頑張りたい」

[ 2019年10月10日 13:14 ]

広島の会沢
Photo By スポニチ

 広島の会沢翼捕手(31)が10日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留する意思を表明した。広島市南区の球団事務所で開いた会見で「私、会沢翼はFA権を行使せず、カープに残留することを決めました。佐々岡新監督のもと、来季もチームのために頑張っていきたい」と語った。

 今季は打率・277、12本塁打、63打点をマークし、11月の国際大会「プレミア12」にも侍ジャパンの一員として出場する強打の正捕手。複数球団が興味を示しており、FA宣言すれば争奪戦が予想されていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース