巨人1、2番コンビで貴重な追加点 亀井技あり適時二塁打 坂本しぶとく2点打

[ 2019年10月10日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第1戦   巨人5―2阪神 ( 2019年10月9日    東京D )

2回2死一、二塁、亀井は左線に適時二塁打を放つ(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 巨人は1、2番コンビが貴重な追加点を叩き出した。2回2死一、二塁。亀井が外角のフォークをうまく捉え、三塁線を破る適時二塁打。「いい追加点になった。点は何点あってもいいから」と胸を張った。続く坂本勇も外角低め126キロのスライダーに体勢を崩されながら、しぶとく中前へ。2者が生還し「いいところに落ちてくれた」と笑みを浮かべた。

 1番から4番のバットで全5打点を記録。坂本勇は「(中盤以降も)追加点を取れたら良かったけど、勝てたことが一番」と話した。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース