【中畑清 視点】阪神、なぜスタメンから北條外した?先発も岩貞なら…

[ 2019年10月10日 09:10 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第1戦   阪神2―5巨人 ( 2019年10月9日    東京D )

8回無死、北條は左前打を放つ(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 阪神の先発が望月じゃなく岩貞だったらどうなっていたか。2回までに5点を奪った巨人打線が、岩貞が出てきた3回以降はわずか1安打。追加点を挙げるチャンスすらつくれなかった。楽勝と思った試合が、最後は逆転まである雰囲気を呼ぶ結果になった。

 先発は経験値のある岩貞じゃなかったか。ファーストS第1試合6点差逆転のラッキーボーイとなった北條をなぜスタメンから外したのか。1番・近本、2番・北條という並びで勝ち上がったのに、なぜ1番・木浪、2番・近本にしたのか。阪神側のベンチワークに疑問が残るけど、強力中継ぎ投手陣という最大の強みは実証できた。巨人は勝った気がしていないと思う。

 アドバンテージを入れて2勝0敗とした巨人が圧倒的に有利なはずだけど、阪神が第2戦を取ればどう転ぶか分からない。ぎりぎり3位に滑り込んでファイナルSまで駒を進めた流れを取り戻せば、もつれる可能性は十分にある。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース