巨人メルセデス快投7回0封 千金弾ゲレーロ、阿部出迎えに感謝「ベンチにいてくれるだけで…」

[ 2019年10月10日 21:01 ]

セCSファイナルステージ第2戦   巨人6―0阪神 ( 2019年10月10日    東京ドーム )

<CSファイナルS 巨・神2>お立ち台で笑顔のゲレーロ(左)とメルセデス(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦が10日、東京ドームで行われ、5年ぶりにリーグ優勝を果たした巨人が3位から勝ち上がった阪神を6―0で下して連勝。アドバンテージによる1勝を含めて通算3勝0敗として6年ぶり日本シリーズ進出へ王手をかけた。

 先発メルセデスは7回104球を投げ3安打無失点と快投。試合後のお立ち台で「低めに球を集めることと強気に攻めることを意識した。シーズン終わってからここまでしっかり練習してきた」と勝利を喜んだ。

 1―0の4回に2ランを放ったゲレーロは「緊迫した中で点が取れてよかった」とコメント。ベンチでは阿部の出迎えを受けて「阿部さんは経験があって素晴らしい選手。ベンチではいいアドバイスをしてくれる。阿部さんがベンチにいてくれるだけで自信が持てる」と感謝の思いを口にし、「明日チーム全体で全力で戦って日本シリーズ進出を決めたい」と次戦へ意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース