レイズ連勝、地区シリーズ突破に逆王手 バーランダー打ち崩す

[ 2019年10月10日 02:30 ]

ア・リーグ地区シリーズ第4戦   レイズ4―1アストロズ ( 2019年10月8日    セントピーターズバーグ )

<レイズ・アストロズ>バーランダーからトドメの一発を放ち、ベンチに戻ってきたアダメズ(右)(AP)
Photo By AP

 レイズが8日(日本時間9日)、アストロズとの地区シリーズ第4戦で剛腕バーランダーを打ち崩し、2勝2敗のタイに戻した。初回1死でファムが先制ソロを放ち、ダーノー、ウェンドルに連続タイムリーが飛び出し一挙3点。4回には伏兵の9番・アダメズが一発を見舞った。

 投手陣は今シリーズ初の「オープナー」で小刻みにつなぎ、3点リードの9回1死一、三塁から中2日の左腕スネルを投入し、逃げ切った。志願の中3日登板だったバーランダー攻略について、ケビン・キャッシュ監督は「4日、5日と休養があればどうなっていたか分からない」と話し、「1番から9番まで良い打席を重ねている。投手もそれぞれがしっかり仕事をした」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月10日のニュース