巨人・阿部、レギュラーシーズン最終打席は申告敬遠 代走には中大後輩の鍬原

[ 2019年9月28日 20:55 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2019年9月28日    神宮 )

9回1死二塁、申告敬遠される代打・阿部(左)=撮影・木村 揚輔
Photo By スポニチ

 今季限りで現役引退する巨人・阿部が1―1の9回1死二塁で代打で登場も、レギュラーシーズン最終打席は申告敬遠となった。

 この回先頭の増田大が中越え二塁打で出塁も、小林が送れず三振。ここで代打・阿部が打席に立ったが、カウント2―0となったところでヤクルトベンチが申告敬遠を申告した。

 阿部は代走として起用された中大の後輩・鍬原と交代しベンチへ。巨人は2死満塁と好機を広げたが、無得点に終わった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月28日のニュース