巨人ドラ6・戸郷がプロ初勝利 ピンチで阿部から声かけられ奮起「気持ちが楽になった」

[ 2019年9月28日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6-4DeNA ( 2019年9月27日    東京D )

プロ入り初勝利を挙げた戸郷(右)とガッチリと握手する原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト6位・戸郷がプロ初勝利を挙げた。21日のDeNA戦以来、2度目の登板。5回から4イニングを2安打無失点、7三振を奪った。「素直にうれしい。緊張感の中で抑えられて良かった。めちゃめちゃ楽しめました」と笑顔を見せた。

 5回1死満塁のピンチでは、阿部から「球はしっかりいってるから自分の投球をしろ」と声を掛けられ、「気持ちが楽になった」と2者連続三振に斬った。球団の高卒ルーキーによる白星は02年の真田裕貴以来となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月28日のニュース