大谷 スローイング練習再開 来年開幕に二刀流間に合う見通し

[ 2019年9月28日 05:30 ]

 13日に左膝膝蓋(しつがい)骨の手術を受けたエンゼルス・大谷がスローイング練習を再開した。ブラッド・オースマス監督が「昨日(25日)から座ったままで軽めのスローイングを始めている。距離はそんなに離れていない」と明かした。

 11月下旬をメドにマウンドからの投球を目指す。打撃練習再開は12月になる見込みで、来年開幕には投打二刀流で間に合う見通しだ。(アナハイム・柳原 直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月28日のニュース