逆転CS目指す矢野阪神スタメン 新人コンビがカギ握る 先発は青柳

[ 2019年9月3日 17:25 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2019年9月3日    横浜 )

阪神・近本(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 3位・広島を2ゲーム差で追う矢野阪神はきょうから2位・DeNAとの3連戦に臨む。逆転でのクライマックス・シリーズ(CS)進出をかけて負けられない戦いのスタメンは以下の通りだ。

 (遊)木浪
 (中)近本
 (左)福留
 (一)マルテ
 (二)糸原
 (右)高山
 (三)北條
 (捕)梅野
 (投)青柳

 カギを握るのは1、2番を担う「キナチカ」だ。1番木浪は現在、11試合連続安打中と好調を継続中。その次を打つ2番近本はここまで133本の安打を放っており、16年高山の球団新人最多安打記録136本に迫っている。“即戦力ぶり”を発揮している新人コンビが働けば、勝利は近づくだろう。

 先発するのはチームトップタイ6勝の青柳。DeNA戦は今季4試合に登板して防御率1・80の成績の残している。試合は18時プレーボール。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース