ミス連発…大会初黒星のU18侍に雷 仲井ヘッド「14万人の代表ちゃうんか!上っ面で野球をやるな」

[ 2019年9月3日 05:30 ]

第29回WBSC U18W杯 1次ラウンドB組   日本1―3台湾 ( 2019年9月2日    韓国・機張 ドリームボールパーク )

<台湾・日本>台湾に敗れ、帰りのバスに乗り込む前、円陣を組みコーチの話を聞く日本代表ナイン(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 高校日本代表は1次ラウンド第4戦で台湾に5回裏終了の降雨コールドゲームで敗れ、初黒星を喫した。勝てば4連勝で1位でのスーパーラウンド進出が決まったが、3日のパナマ戦に持ち越しとなった。

 帰りのバスに乗り込む直前、日本代表の仲井宗基ヘッドコーチは集合させた全員の前で怒鳴り声を上げた。

 「(高校球児)14万人の代表ちゃうんか!上っ面で野球をやるな。世界一を目指してるんだろ。そんな甘ないんじゃ!」

 降雨コールドゲームを「不運」では片付けられない。永田裕治監督も「(相手も)同じ条件。ミスが多くなっていることは事実」と厳しく言った。

 初回2死二塁、4番石川の左前打で先制したが後が続かない。昨年のU18アジア選手権準決勝で9回2安打1失点の完投勝利を許した王彦程(ワンヤンチェン)を攻略できなかった。守備では、1―1の5回に遊撃手・熊田の2失策で2死一、三塁とピンチを招き、先発・宮城が3番・ロウィーチェに左越え2点二塁打された。左腕は「雨でいろんな問題があった。抑えて流れをもってこようと思ったけど、こういう結果になった」と唇をかんだ。

 1―0の3回1死一、三塁では重盗を仕掛けてきた一走を一、二塁間の挟殺プレーに持ち込み、一塁手・韮沢がタッチ。スタートを切った三走を刺すために本塁送球も、オールセーフで同点。一走の判定に永田監督はリプレー検証を要求し、映像ではタッチが映っていたが、判定は覆らなかった。後味の悪い今大会初黒星となった。

 ▼日本永田裕治監督 残り4回あったが致し方ない。納得して次に向けて頑張りたい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース