ロッテ・マーティン 幕張移転後最多弾もドロー 井口監督「もう1本が出なければ上には行けない」

[ 2019年9月3日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2-2オリックス ( 2019年9月2日    ZOZO )

初回1死一塁から右越えに2ランを放つマーティン(撮影・長久保  豊)
Photo By スポニチ

 初回1死一塁、ロッテ・マーティンが先制の10号2ランを放った。92年の千葉移転後、最多タイのシーズン145本塁打(03年)に並ぶ記念弾となり「しっかりしたスイングで強い打球が飛んでくれた」と助っ人は振り返ったが、チームは2回に追いつかれ、そのまま2―2の引き分けだ。

 1番・荻野を腰痛で欠いた打線は追加点を奪えず、井口監督は「援護できなかった。もう1本が出なければ上には行けない」と厳しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース