ジョンソン3回まで無安打好投も…ヤクルト―広島戦、雨のため一時中断

[ 2019年9月3日 19:31 ]

セ・リーグ   ヤクルト―広島 ( 2019年9月3日    神宮 )

<ヤ・広>4回途中、激しい雨で試合中断となった神宮球場(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト―広島21回戦は、4回裏途中に降雨のため中断。試合は広島が2-0とリードしている。

 広島は2回、長野とメヒアが連続四球で無死一、二塁とし、サンタナが先制となる左前適時打。その後、2死満塁となって西川が押し出し四球。この回2点を先制した。

 先発のジョンソンは3回までノーヒットピッチング。4回、先頭の青木に中安打を許したところで雨足が強くなり一時中断となった。

 ▼広島・サンタナ (2回先制適時打について)打ったのはストレート。速い球にしっかりとタイミングを合わせてコンパクトに打つことができた。先制できてよかったです。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース