ソフトB・高橋礼、チームトップタイ11勝目も反省「2本連続で少し流れも傾いてしまった」

[ 2019年9月3日 21:53 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―2楽天 ( 2019年9月3日    ヤフオクD )

勝利しファンとタッチを交わす高橋礼(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは、先発の高橋礼が7回1/3、91球を投げて4安打2失点で、千賀に並んでチームトップタイとなる今季11勝目をマークした。

 8月21日のオリックス戦以来、中12日での登板となった高橋礼。「中12日での登板だったので、試合前に森さんと今宮さんからプレッシャーをかけられました。なので、しっかり長いイニングを投げて先発としての仕事を果たさなければいけないという気持ちになりました」と試合前の秘話を明かした。

 自身の投球については「8回にマウンドへ上がったからには、ホームランを打たれてはいけないと思います。そして2本連続ということで流れも少し傾いてしまったので、まだ仕事は果たせていないと思っています」と自身の投球を反省した。

 最後に「今日から7連戦が始まり初戦を勝てました。また僕が連勝を伸ばせるように頑張ります」と今後に向けて意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース