中日・松葉“セ界デビュー”へ打撃練習も入念!6日移籍後初登板初先発へ

[ 2019年9月3日 05:30 ]

打撃練習に取り組む松葉
Photo By スポニチ

 中日・松葉が6日のDeNA戦(ナゴヤドーム)で、オリックスから移籍後、初登板初先発する見通しとなった。ナゴヤドームで行われた先発投手練習に参加した左腕は竜の一員として初めて上がる1軍マウンドに向け「体と心が良い状態で行けるように準備したい」と闘志を高めた。

 DH制のあるパ・リーグと違いセ・リーグは投手も打席に立つため、打撃練習も入念に行った。「バッティングはあまり得意でないけど、1球でも多く粘り、チームのため自分のために塁に出る工夫をしたい」

 練習の最後にはナゴヤドームのマウンドから投球練習を行い傾斜や硬さを確認し「京セラドームに似たマウンドで違和感はない。当日、良い形で入っていける感覚はある」と好感触を口にした。

 移籍後は2軍で8試合に登板し2勝3敗、防御率4・11。来季以降の先発ローテーション獲得に向け、まずは竜デビュー戦で首脳陣にアピールする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース