U18 6回にソロの水上 あわや幻?弾に「生きてる?良かった」と安ど

[ 2019年9月4日 00:08 ]

第29回WBSC U18W杯 1次ラウンドB組   日本5―1パナマ ( 2019年9月3日    韓国・機張 )

6回無死、ポール直撃のソロ本塁打を放ち、笑顔の水上(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 6回先頭で水上桂捕手(3年、明石商)が左翼ポール直撃の1号アーチを放った。

 高校通算3本目となる一撃でパナマを突き放したが、同回で試合は中断。そのまま降雨コールドとなっただけに、試合後は「あれ(本塁打)どうなるんですか?」と報道陣に逆取材。得点が認定されたことを知ると「生きている?それは良かったです」と安どした様子だった。

 捕手としても悪天候の中、今大会フル回転している右腕の西純矢投手(3年、創志学園)を粘り強くリードした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース