北海道胆振東部地震から1年…日本ハム、先発杉浦から「道産子リレー」実現へ

[ 2019年9月3日 05:30 ]

日本ハム・杉浦
Photo By スポニチ

 北海道胆振東部地震からちょうど1年となる6日のオリックス戦で「道産子リレー」が実現する可能性が出てきた。

 先発は帯広市出身の杉浦が務める見込み。今季は古傷の右肩のコンディションも良好で11試合に先発している右腕は「被災された方々が少しでも前を向けるようにグラウンドで戦う姿を見せたい」。中継ぎでチームトップの55試合に登板する佐呂間町出身の玉井も「プレーで勇気づけたい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース