ダル先発回避、右前腕部に張り マドン監督「予防的措置」

[ 2019年9月3日 02:30 ]

前腕部の張りで先発回避したダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手(33)が1日(日本時間2日)のブルワーズ戦の先発を右前腕部の張りのため回避した。精密検査は受けておらず、負傷者リスト入りもしない。順調に回復すれば7日(日本時間8日)の敵地ブルワーズ戦に登板する見込み。

 球団によると、8月は5試合に登板したが、その間も張りを感じていたという。マドン監督は「(回避するかどうかは)ここ数日間、話し合っていたこと。予防的措置」とし「今月だけでなく、そのあともプレーし続けるつもりだから」とプレーオフもにらんだ決断であることを明かした。

 ダルビッシュはこの日は報道陣の前に姿は見せなかった。 (シカゴ・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース