巨人に試練の3連敗…マジック再点灯失敗、DeNA3・5差にじわり接近 あす4日のM再点灯はなし

[ 2019年9月3日 22:09 ]

セ・リーグ   巨人3―4中日 ( 2019年9月3日    新潟 )

<巨・中>3回、バッテリー交代を告げる原監督 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 5年ぶりのセ・リーグ制覇を目指す首位・巨人が5位・中日に3―4で敗れ、3連敗。阪神戦が降雨のため初回途中にノーゲームとなった2位・DeNAとの差が3・5ゲームに縮まった。

 先発左腕・メルセデスが初回に福田に2ランされていきなり先制を許すなど、3回持たずに降板。0―2で迎えた5回に代打・重信の二塁打から田中俊の右前適時打で1点を返して一時は1点差に迫ったが、3番手・大竹が6回に1点、5番手・マシソンが7回に1点を失うなどリリーフ陣が踏ん張れず。1―4で迎えた7回の攻撃も二塁打で出塁した先頭・ゲレーロが続く代打・若林の右前打で三進し、送球が逸れたのを見て一気にホームへ突っ込んだがアウトになるなど不運も重なった。

 1―4で迎えた9回にはこの回から代わった中日5番手左腕・岡田に阿部、ゲレーロが倒れて2死走者なしまで追い詰められながら若林が左越え5号ソロを放って2点差に追い上げ、石川、陽岱鋼の連続代打が成功して連打で1点差まで詰め寄ったが、あと1本が出なかった。

 巨人は8月24日に優勝マジック「20」が初点灯したが「16」まで減らしていたマジックが9月1日に消滅。それでもこの日、巨人が勝ってDeNAが負ければマジック「14」が再点灯するはずだった。だが、DeNAがノーゲームになったことでこの日の再点灯がなくなり、さらに敗戦。巨人は4日、前橋に舞台を移して中日3連戦の2戦目を戦うが、4日のマジック再点灯の可能性はなくなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース