日向坂46の佐々木久美&高本彩花、「46」ユニホームでダブル始球式

[ 2019年9月3日 18:20 ]

セ・リーグ   巨人―中日 ( 2019年9月3日    新潟 )

<巨・中>ファーストピッチセレモニーを行った日向坂46の高本彩花(左)と佐々木久美(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 日向坂46の佐々木久美(23)、高本彩花(20)が3日、巨人―中日21回戦(新潟)で始球式を務めた。それぞれ捕手役の炭谷、小林とバッテリーを組んだ。

 背番号「46」の巨人のユニホームを着用し、おそろいの白いパンツ姿で登場。高本はノーバウンドで、佐々木はワンバウンドで山なりのボールを投げ込んだ。試合中にはヴィーナスやジャビットとの共演による「闘魂こめて」を披露する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース