阪神―DeNA戦 落雷の恐れで一時中断

[ 2019年9月3日 18:22 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2019年9月3日    横浜 )

<D・神>1回、落雷のおそれがあるため試合が一時中断。ベンチへひきあげる青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 思わぬ形で試合が中断した。初回、阪神先発の青柳が1番神里から空振り三振を奪った直後、審判団の判断で試合が中断した。

 理由は、プレーボール当初から何度も鳴っていた雷。両軍選手がベンチに引き上げたあと、「落雷の可能性があるため試合を一時中断します」とのアナウンスが流れた。

 試合は午後6時11分から18分まで中断した後に再開されたが、青柳が2番ソトにファーストストライクを投げた後に再び中断となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース