ソフトB マジック点灯へ本拠7連戦「一戦必勝」残り21戦スクランブル態勢

[ 2019年9月3日 05:30 ]

倉野コーチ(左)と話しながら練習を見つめる工藤監督(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 3日にも優勝マジックが初点灯するソフトバンク・工藤監督は、残り21試合のスクランブル態勢を発動した。

 福岡県筑後市のファーム施設での投手練習を視察し、3日からの本拠地7連戦について「一戦必勝。投手起用は先発の出来にもよるが、シミュレーションした上でやっていきたい」。倉野投手コーチも「中継ぎ陣はスクランブル状態で行ってもらう。先発もすぐに下ろすこともある。毎日総動員でいく」と宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース