U18侍・明石商の水上が高校通算3号 台湾勝利で日本のスーパーR進出も決定

[ 2019年9月3日 22:01 ]

第29回WBSC U18W杯 1次ラウンドB組   日本―パナマ ( 2019年9月3日    韓国・機張 )

U18日本代表・水上
Photo By スポニチ

 高校日本代表は1次ラウンド第5戦でパナマと対戦。4-1の6回に日本代表の8番・水上桂捕手(明石商)が高校通算3本目のソロ本塁打を放った。

 4-1の6回無死走者なし、パナマ3番手・アロヨの6球目を捉えると、打球は左ポールに直撃。本塁打の判定となり、5-1とリードを広げた。

 水上は今夏の甲子園、花咲徳栄戦で高校通算2本目の本塁打を放ったばかり。高校通算3本目の本塁打は代表の舞台で決めた。

 また、グループBでは台湾が南アフリカに5回コールド勝ちしたため、日本は結果を待たずにスーパーラウンド進出が決まった。日本がパナマに敗れた場合でも3位となるため、日本はスーパーラウンド進出となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月3日のニュース