日本ハム中田 右手母指球部挫傷で2年ぶり抹消「早く戻したい」

[ 2019年8月14日 05:30 ]

日本ハム・中田は患部の痛みに耐えながら出場を続けたが…
Photo By スポニチ

 日本ハムの中田翔内野手(30)が13日、都内の病院で痛めていた右手の精密検査を受け「右手母指球部挫傷」と診断された。全治2週間の見込みで、右太腿を痛めた17年4月以来、2年ぶりに出場選手登録を抹消された。7月31日の楽天戦でスイングした際に痛めた。

 患部の痛みに耐えながら出場を続けたが、今月は28打数2安打で打率・071。中田は「当たり前だけど悔しい。早くフルスイングできるように戻したい」と語った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月14日のニュース