巨人・原監督「もう一本出なかった」広島に今年も勝ち越せず

[ 2019年8月14日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1-2広島 ( 2019年8月13日    マツダ )

スタジアムを後にする原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は計5度も三塁まで走者を進めたが、得点は8回の1点にとどまった。11回も2死満塁の好機を逃し、その裏にサヨナラ負け。原監督は「1点というのが(試合を)支配するのは非常に難しい。もう一本出なかった」と振り返った。4年連続負け越し中の広島に6勝12敗1分けとされ、6試合を残して勝ち越しがなくなった。

 0―1の7回は1死一塁からエンドランを仕掛けるも、打者・山本が空振りして一塁走者の大城が二塁でアウト。同点の9回は2死三塁で若林が3球三振した。計8投手を送り込んだ昨夜に続き、7人を起用した「総動員態勢」。指揮官は「投手を責めることはできない。また明日しっかり」。エース菅野が先発し、開幕カード以来の広島3連戦勝ち越しを狙う。(神田 佑)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月14日のニュース