オリックス 17日のロッテ戦は社長と学生の就活イベント開催

[ 2019年8月15日 05:00 ]

 オリックスは17日に京セラドーム大阪で行われるロッテ戦(午後2時試合開始)で、「バファローズ大学プロ野球学部supported by社長メシ」と題したイベントを開催する。

 試合当日、あらかじめ専用申し込みサイトから申し込んだ、25歳以下の現役大学生、大学院生、短大生、専門学校生を内野自由席に招待。“大学卒業”を目指して挑むスタンプラリーや、球界初!?の球場内での学生向け企業・業界研究セミナーを実施する。

 イベントスポンサーの、社長の想いを伝えるアプリ「社長メシ」も企画を用意。試合中にドーム内のVIPルームで、招待された学生のうち、限定30人がIT系や広告系の会社社長6人と食事を通じて“就職活動”をしたり、試合終了後は元高校球児を中心とした「社長メシ」チームと、試合前のスピードガンコンテストで最速の球速を出した1チームが親善試合を行う。

 オリックスの学生ファン獲得とともに、今回のイベントについて球団のイベント・運営グループ長の水田真さんは「野球×就活という“プロ野球史上初”“採用業界初”の取り組みで、野球を通じて企業と学生が接点を持ち、球団が双方の橋渡しの存在になれば」と話している。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月14日のニュース