国学院久我山 秀才エース高下力尽く…野球“卒業”で難関私大受験へ

[ 2019年8月14日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第8日2回戦   国学院久我山3-19敦賀気比 ( 2019年8月13日    甲子園 )

<国学院久我山・敦賀気比>尾崎監督(右)に慰められる久我山・高下(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 国学院久我山(西東京)の秀才エース高下が力尽きた。

 初回2死から5連打を浴び2回2/3を8失点で降板。7回から再登板したが、9回に杉田にサイクル安打を決める右中間2ランを喫した。チーム19失点は東京勢ワーストで「スイングスピードも速くミート力も高い。いい打者でした」と完敗を認めた。野球は高校までと決めており「自分を支えてくれた仲間と応援の方々に感謝しかありません。甲子園で1勝して歴史は変えたけど、もう一つ上のレベルに全然達していなかった」。成績優秀者の「優組」生に所属する右腕は、難関私立大進学に向け、ボールをペンに持ち替える。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月14日のニュース