履正社・井上 ドラフト注目右腕の前から“KO口火打”三塁強襲二塁打「次も集中」

[ 2019年8月14日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第8日2回戦   履正社7-3津田学園 ( 2019年8月13日    甲子園 )

<履正社・津田学園>3回、1死、津田学園・前(左)から左翼線二塁打を放つ履正社・井上(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 相手の気持ちまで打ち砕いた。規格外の打球音とともに痛烈なライナーが三塁を襲った。津田学園のドラフト候補右腕・前の145キロ速球を履正社・井上のバットが捉えた。

 「強い打球を意識していた。1打席目に詰まらされたので、スリ足で打つようにした。修正できて良かった」

 阪神などが今秋ドラフト候補に挙げる4番の一打が口火となり一挙5得点。1回戦の霞ケ浦・鈴木寛に続き好投手を攻略した。

 井上は12日が18歳の誕生日だった。松平一彦部長からケーキを、チームメートからはお菓子を贈られたが、甲子園での白星はやはり格別。1年夏も2年夏も大阪桐蔭の壁に阻まれ、誕生日は練習していた記憶しかない。まだプレーできる喜びを存分に味わった。

 万全ではない。1回戦でスライディングした際に左膝を痛めひそかに病院に通い電気治療なども受けた。ただ、この日はテーピングもなし。弱みは見せない。それが4番の覚悟だ。

 頂点に立つという目標は、完投したエース清水とも共有している。実戦形式の練習で清水が投げるときには井上が相手を務めるのが暗黙の了解。「練習なのに負けたくない、抑えたいというのが伝わってくる」。レベルの高い真剣勝負が底力につながっている。「次も勝てるように集中していく」。4番とエースの夢はまだ先にある。(鈴木 光)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月14日のニュース