中日・山井、突然崩れた…5回5連打浴び5失点KOで5敗目 与田監督「結果がすべてなので」

[ 2019年8月14日 21:16 ]

セ・リーグ   阪神6―3中日 ( 2019年8月14日    ナゴヤD )

<中・神>力投する先発の山井(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は逆転負けを喫し、ナゴヤドームでの阪神戦の連勝が5で止まった。

 先発・山井が4回まで2安打と好投していたが、3―0の5回2死から代打・木浪の右前打をきっかけに変調。近本、北條に連続2塁打を許すなど、5連打を浴び5失点でノックアウトされた。

 4勝目が目前に迫りながら、5敗目を喫したベテラン右腕は「連打はダメですね…」とうなだれ、与田監督も「そこ(5回)がすべてのゲームでしたね。結果がすべてなので。結果を出せなかった僕の責任」と振り返った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月14日のニュース