京アニに届け――立命館宇治 6回意地の3点 吹奏楽部は主題歌演奏

[ 2019年8月14日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第8日2回戦   立命館宇治3-6星稜 ( 2019年8月13日    甲子園 )

星稜との2回戦で「響け!ユーフォニアム」の主題歌を演奏する立命館宇治の吹奏楽部員ら
Photo By 共同

 立命館宇治(京都)は79年に0―8で完敗した星稜(石川)相手に意地を見せた。

 6回に2点を返し、なお2死一、二塁として奥川を引きずり出すと、今野が147キロ直球を捉えて左前への適時打。「ドラフト1位候補のような投手から打ててうれしい」と喜んだ。三塁側アルプス席では、1回戦はコンクールと重なり参加できなかった吹奏楽部62人が、地元・宇治市に本社がある京都アニメーション制作のアニメ「響け!ユーフォニアム」の主題歌を演奏。胸を張って聖地を去った。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月14日のニュース