中日・大野雄8回途中零封 1000投球回到達も援護なし

[ 2019年8月14日 05:30 ]

セ・リーグ   中日0-0阪神 ( 2019年8月13日    ナゴヤD )

力投する先発の大野雄(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は13日の阪神戦で打線が三塁すら踏めず、今季2度目の引き分け。初回、2回と連打で好機をつくりながらあと1本が出ずに終わると、7、8回は走者を出しながら犠打失敗。小さなミスが無得点につながり、与田監督は「勝てるように細かい練習をやっていく。負けなかった粘り強さは評価したいが、反省して次につなげたい」と振り返った。

 一方で投手陣は先発・大野雄が今季最多131球を投げ7回1/3を無失点と力投。さらに福、ロドリゲスと勝ちパターンのリリーフ2人が3連投だったため使えない中、岡田が1回1/3を3奪三振、無失点に抑えるなど救援陣も本塁を踏ませかった。指揮官は「イニングまたぎもしながら、よく投げてくれた」とねぎらった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月14日のニュース