津田学園・前 誕生日勝利ならず…プロ志望明言で直球さらに磨く

[ 2019年8月14日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第8日2回戦   津田学園3-7履正社 ( 2019年8月13日    甲子園 )

<履正社・津田学園>力投する津田学園・前(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 津田学園(三重)のプロ注目右腕・前は、18歳の誕生日を勝利で飾れず「(昨秋に8失点した)東邦と同じような(強力な)打線だった」と話した。

 初回無死、初球の141キロ直球を二塁打され、慎重に投げようと意識したといい「コースにという気持ちが強かった分、腕の振りが弱かった」と反省した。進路についてはプロ志望届の提出を明言し「強豪と戦ったことをいい経験にしたい」。上の舞台で最速152キロの直球に磨きをかける。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月14日のニュース