楽天 今季最悪4併殺で零敗、新人弓削6回2失点も無援「序盤の失点響いた」

[ 2019年8月14日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天0-3ソフトバンク ( 2019年8月13日    楽天生命パーク )

厳しい表情の弓削(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 楽天先発の新人左腕・弓削が6回2失点と力投したが、チームは零敗を喫した。打線は8安打を放つも、今季ワーストの4併殺。2回の無死満塁の絶好機でウィーラーが投ゴロ併殺、辰己は空振り三振に倒れたのが響き、平石監督は「2回の攻撃で雰囲気が重くなった」と拙攻を嘆いた。

 プロ初黒星の弓削は「序盤の2失点が響いた。3回以降は本来の投球に戻れたのは良かった」と振り返った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月14日のニュース