巨人 幸運な2点二塁打 4連敗でストップ 沢村3シーズンぶりのセーブ

[ 2019年5月17日 21:01 ]

セ・リーグ   巨人4―1中日 ( 2019年5月17日    ナゴヤD )

<中・巨>最後を締め、セーブを挙げた沢村は炭谷(左)とガッチリ握手する(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 巨人が連敗を4で止めた。

 0―0の6回、1死満塁で岡本の打球が三塁ベースに当たる幸運な2点二塁打となり先制すると、さらに内野ゴロで加点。8回には炭谷の適時二塁打が飛び出し、試合を決めた。先発のヤングマンが約1カ月ぶりとなる3勝目。その後、4投手でしのぎ、最後はこの日昇格したばかりの沢村が締め、3シーズンぶりのセーブを記録した。

 中日はプロ初登板初先発の勝野が5回まで1安打投球。6回に先頭のヤングマンに右前打、続く山本に四球でピンチを広げ、失点につながった。6回の無死満塁の好機も福田の犠飛による1点に終わり、後が続かなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月17日のニュース