日本ハム・吉田輝 体調不良で先発回避 清宮との初共演ならず

[ 2019年5月17日 17:30 ]

日本ハムの吉田輝
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝が体調不良を訴え、17日のイースタン・リーグのDeNA戦(横須賀)での先発登板を回避した。

 試合前練習ではアップやキャッチボールを行ったが首脳陣と相談の末、決断した。同戦には右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折により戦線離脱していた清宮が出場。吉田輝は「自分が投げるときは接戦が多いので、清宮さんの1発で楽な展開になったらうれしいです」と初「共演」を楽しみにしていた。

 吉田輝は8日の同リーグ・ロッテ戦に先発し、4回0/3を4安打無失点。プロ入り最速の149キロを記録するなど77球を投げ、連続無失点を9回に伸ばしていた。

 次回登板などは未定。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月17日のニュース