ヤクルト・バレ&坂口が出場選手登録 DeNA戦へ打線強化

[ 2019年5月17日 05:30 ]

 ヤクルトは、離脱していたバレンティンと坂口が17日のDeNA戦(神宮)から出場選手登録される。小川監督が「(2人を)上げる予定」と明かした。主砲は上半身のコンディション不良のため3日に、坂口は左手親指骨折で4月1日に登録を抹消されていた。

 指揮官は「(不在時も)打線はある程度、点を取れていた」と話したが、リーグトップの防御率1・19を誇る今永との17日の対戦を前に、強力打線の役者がそろった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月17日のニュース