オリ拙守で山本自己最悪6失点 西村監督「足を引っ張ってしまった」

[ 2019年5月17日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス2-9ロッテ ( 2019年5月16日    zozo )

5回を終えた山本(左)・若月バッテリー(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 悪夢のようだった。オリックス・山本は味方の計4失策に足を引っ張られ、自己最悪6失点で先発復帰後最短となる5回2/3での降板へ追い込まれた。

 「野球をやっていれば、こういう展開がないわけではないので。それよりも最少失点で切り抜ける投球ができたと思う。野手のミスは投手がカバーして、逆もあるわけで、チームプレーですから」

 6回の4失点に自責点は含まれない。小島の右飛落球が始まりだ。無死三塁から清田の中前適時打を勝ち越され、井上の二ゴロでは二塁ベースに入った遊撃手の大城が送球を落球。併殺どころか一、二塁を背負い、レアードに痛打された。直後の三飛を今度は中川が落球。インフィールドフライ(失策は付かず)で救われたとはいえ、負の連鎖は止まらない。最後は2死満塁からの一ゴロをT―岡田がトンネルした。

 7度目の先発で防御率1・57なのに援護は計7点しかない。普段から貧打をこらえて懸命に投げる中、今度は拙守の連続。あまりの惨状を西村監督も「投手の足を引っ張ってしまい気持ちも持たない」と嘆くしかなった。

 山本は17日に積極的休養策として一度登録を外れ、4週連続6連戦の初戦となる28日ソフトバンク戦に回る見込み。「しっかり切り替えて次に向かいたい」と気丈に前を向いた。(湯澤 涼)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月17日のニュース