楽天・岸 来週にも1軍復帰 開幕戦で左太腿裏を痛めて離脱

[ 2019年5月17日 18:22 ]

 左太腿裏を痛めて離脱中の楽天・岸孝之投手(34)が、イースタン・リーグ西武戦で7回2安打無失点と好投した。球数は83球で、7三振を奪う圧巻の内容。平石監督は「2安打、7三振でしょ。内容は申し分ない」と話した。

 今季の開幕戦で、試合途中に違和感を訴えて緊急降板した。当初は短期間で復帰できる見通しだったが、コンディションを万全にするために復帰が先送りになっていた。伊藤投手チーフコーチは「80球前後で7回までいくのはさすが。(左太腿裏の)状態が良いことが確認できれば、来週(1軍で)投げてもらうことになる」と説明。18日に患部の状態をチェックした上で、問題がなければ24日からのオリックス3連戦(楽天生命パーク)で復帰することが濃厚となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月17日のニュース