阪神・マルテに“強力援軍”ドミニカから家族来日へ 父の威厳バットで示す

[ 2019年5月17日 05:30 ]

阪神・マルテ
Photo By スポニチ

 阪神・マルテに近々、心強い「助っ人」が来訪することが16日、分かった。6月にドミニカ共和国から最愛の家族が来日予定。球団関係者が「6月になればドミニカ共和国にいる家族が来日すると聞いています。子どもの小学校が夏休みに入りますからね。心強いと思いますよ」と話した。

 自身のインスタグラムに何枚もの写真を掲載するなど家族愛が強い男だ。来日後もほぼ毎日、母国の家族と連絡を取り、心を奮い立たせてきた。マルテの原動力である愛妻と3人の子どもたち。異国で孤軍奮闘する男にとって、これ以上の「助っ人」はいない。

 目下、打率・204と低空飛行が続いているが、出場15試合で3本塁打、シーズン換算29発ペースと期待される長打力は発揮しつつある。17日からの広島戦に向け、「自分ができることをやって結果が良くなっていくことを信じたい。自分が打つ時に走者がいたら還せるように。自分の仕事をしっかりやりたい」と前を向いた。愛する家族に「父親の威厳」を示すためにも、地に足を付けて状態を上げていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月17日のニュース