【17日のファーム情報】楽天・岸 7回を2安打無失点、由規は初セーブ

[ 2019年5月17日 23:00 ]

 プロ野球のファームは17日、ナイターを含めてイースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 楽天―西武戦(森林どり泉)は楽天が3―0。左大腿裏痛からの復帰を目指す先発・岸は7回を2安打無失点。無四球で7三振を奪って1勝目を挙げた。育成・由規が2回1安打無失点で1セーブ目。4回に内田がリーグ単独トップの先制7号ソロ。西武先発・相内は7回7安打3失点で1敗目(2勝)。

 ヤクルトは巨人戦(戸田)の延長11回、2―1でサヨナラ勝ち。2死から1番・山崎がサヨナラの右前打を放った。先発・山中は7回7安打1失点の好投。4番手の久保が2回無安打無失点5奪三振で2勝目(1敗)。巨人先発・戸郷は3回4安打1失点だった。

 日本ハムはDeNAとのナイター(横須賀)に3―2で逆転勝ち。松本が6回に1号ソロ。清宮は3打数ノーヒットだった。先発・福田が5回4安打2失点。DeNAは飛雄馬が2安打2打点。先発・飯塚は7回1/3を4安打3失点(自責2)で勝ち星なしの4敗目を喫した。

 広島は阪神戦(由宇)に8―3。ドラフト1位・小園が3回に4号ソロ。堂林が5回に4号2ラン、7回に5号ソロと2打席連続アーチを放った。船越も8回の2号3ランなど3安打。先発・モンティージャは4回5安打3失点。阪神先発・望月は6回7安打4失点で3敗目(4勝)。陽川が3回の2号2ランなど3安打3打点だった。

 オリックスは中日戦(オセアンBS舞洲)に6―4で逆転勝ち。宗が2安打1打点。先発・竹安は6回7安打4失点で1勝目(1敗)。中日先発・佐藤は5回1/3を6安打6失点で1敗目を喫した。ドラフト1位

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月17日のニュース