明大 インフルエンザで緊急事態だった

[ 2019年5月17日 10:56 ]

明大・和田慎吾
Photo By スポニチ

 明大は敵と戦う前にインフルエンザと戦っていた。第3週の早大戦前からインフルエンザが蔓延。早大1回戦では控えの野手が離脱し急きょ村松開人(静岡)日置航(日大三)の1年生をベンチに入れた。早大2回戦で2ラン、3ランと2本塁打を放った和田慎吾(4年=常総学院)は試合後に発症し千葉の実家に隔離。ぶっつけ本番状態で東大戦に臨んだ。早大~東大戦に一週間空いたのが幸いした。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月17日のニュース