平野 緊急登板で1球K斬り「あまり投げた実感はない」

[ 2019年5月17日 02:30 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス11-1パイレーツ ( 2019年5月15日    フェニックス )

緊急登板で1球を投じた平野(AP)
Photo By AP

 ダイヤモンドバックスの平野が緊急登板をわずか1球で終えた。大量リードの8回2死で好投の先発グリンキーが腹部を痛めたため、マウンドに上がった。

 2ボール2ストライクから引き継ぎ、相手打者は投手。低めの直球で見逃し三振に仕留め「1球で終われたので、あまり投げた実感はない」と苦笑いだった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月17日のニュース